menehune 京都、寺社巡り。

ブログ運営者のmenehuneが訪れ撮影した、京都の寺社を5つのエリアで掲載。

六角堂(ろっかくどう)


スポンサードリンク

f:id:sepyas:20210105114825j:plain

f:id:sepyas:20210105114815j:plain

f:id:sepyas:20210105114821j:plain

f:id:sepyas:20210105114829j:plain

f:id:sepyas:20210105114837j:plain

f:id:sepyas:20210105114842j:plain

f:id:sepyas:20210105114833j:plain

f:id:sepyas:20210105114810j:plain

六角堂(ろっかくどう)は、紫雲山頂法寺(しうんざんちょうほうじ)と号する寺で、本堂が六角宝形造(ほうぎょうづくり)であることから、一般に「六角堂」の名で人々に親しまれている。

開基は聖徳太子で、四天王寺建立の用材を求めて太子がこの地を訪れた時、霊告によってこの地に御堂を建て、守護仏の観音像を安置したのが始まりと伝えられている。早くから人々の崇敬を受け、弘仁13年(822年)には嵯峨天皇の勅願所となり、また長徳2年(996年)には花山法皇の御幸があり、西国33箇所観音霊場(現18番の札所)となったと伝えられる。建仁元年(1201年)、親鸞聖人が当寺に100箇日間参籠して霊告を受け、後に真宗を開宗する根源となった。

本堂には、聖徳太子の持仏と伝える本尊如意輪観音像、親鸞像、毘沙門天立像(重要文化財)などを安置する。本堂前の六角形の礎石は臍(へそ)石といい、古来、京都の中心に当たるとされてきた。

また、本堂北の本坊は池坊(いけのぼう)と呼ばれ、室町時代以降、多くのいけ花の名手を輩出した所で、華道発祥の地として有名である。現在も池坊華道の拠点となっている。
三条通りと四条通りに挟まれた市街地の中に突如現れる異空間は、驚きをもって迎えられるが、建物は半ば鳩の巣の様相を呈しており、本堂の保存維持に支障を及ぼすとの懸念もある。