menehune 京都、寺社巡り。

ブログ運営者のmenehuneが訪れ撮影した、京都の寺社を5つのエリアで掲載。

法金剛院(ほうこんごういん)


スポンサードリンク

f:id:sepyas:20210202120352j:plain

f:id:sepyas:20210202120356j:plain

f:id:sepyas:20210202120401j:plain

f:id:sepyas:20210202120406j:plain
法金剛院(ほうこんごういん)は、平安時代の初め、右大臣清原夏野の山荘を没後寺とした律宗の寺院。1130年(大治5年)待賢門院の御願により当院を建立。円覚上人によって再興。丈六の本尊阿弥陀如来坐像(重要文化財)は定朝様、平安時代後期の代表的な仏像である。庭園(特別名勝)は平安末期の池泉回遊式浄土庭園である。