menehune 京都、寺社巡り。

ブログ運営者のmenehuneが訪れ撮影した、京都の寺社を5つのエリアで掲載。

墨染寺(ぼくせんじ)


スポンサードリンク

f:id:sepyas:20210105122952j:plain

f:id:sepyas:20210105123002j:plain

f:id:sepyas:20210105122957j:plain

f:id:sepyas:20210105122948j:plain

f:id:sepyas:20210105122944j:plain

墨染寺(ぼくせんじ)は、山号深草山(じんそうざん)と号する日蓮宗の寺院である。

もとは清和天皇貞観16年(874年)に建立された貞観寺の旧蹟で、その後次第に衰微していったが、天正年間(16世紀後半)、増長院日秀(ぞうちょういん にっしゅう)上人が豊臣秀吉公の知遇を得、また秀吉公の姉・瑞龍尼(じゅいりゅうに)公の篤い帰依を受けた事により、此の地を日蓮宗の寺として再興することを許され、墨染桜寺(ぼくせんおうじ)として再興させた。

境内には、墨染(すみぞめ)の地名の由来となった墨染桜(すみぞめざくら)が植えられている。この桜の由来は平安時代まで遡り、時の太政大臣 藤原昭宣公が葬られた際、その死を嘆き悲しんだ歌人 上野峯雄が「深草の野辺の桜し心あらば今年ばかりは墨染に咲け」と詠んだところ、当地に咲いていた桜が喪に服するかのように薄墨に咲いたと云われる。この墨染桜によって、当寺は地域の人々から〈桜寺〉(さくらでら)と通称で親しまれている。見頃は4月中旬。

本堂の本尊勧請形式は「一塔両尊四士(いっとうりょうそんしし)」。また、本堂横の鬼子母神堂(きしもじんどう)には、伝教大師御作と伝わる安産成就・子育成就の子安愛敬鬼子母神像(こやすあいきょうきしもじんぞう)が安置されており、地域の人々をはじめ広く信仰を集めている。