menehune 京都、寺社巡り。

ブログ運営者のmenehuneが訪れ撮影した、京都の寺社を5つのエリアで掲載。

貴船神社(きふねじんじゃ)


スポンサードリンク

貴船神社(きふねじんじゃ)

貴船神社(きふねじんじゃ)

f:id:sepyas:20210211172615j:plain

f:id:sepyas:20210211172622j:plain

f:id:sepyas:20210211172627j:plain

f:id:sepyas:20210211172631j:plain

貴船神社(きふねじんじゃ)

貴船神社(きふねじんじゃ)は、水徳神高龗神を祀る旧官幣中社で、社名は古くは木船、貴布祢とも書かれたが、明治4年1871年)以降「貴船」と改められた。

平安時代延喜の制には、明神大社という最も高い格式に列し、日照りや長雨が続いたとき、また国家有事の際には必ず勅使が差し向けられ、祈念が込められた。弘仁9年(818年)以来の歴朝の奉幣、祈念でも、もっぱら祈雨、止雨の神として崇められ、祈雨には黒馬、祈晴れには白馬又は赤馬が献ぜられるのが例であった。平安時代末期には賀茂別雷神社上賀茂神社)の摂社とされたが、明治以降独立した。

かつて社殿は、貴船川に沿って上がった所にある現在の奥宮の地にあったが、天喜3年(1055年)、現在地に移転された。本殿、拝殿、権殿等から成り、本殿は文久3年(1863年)及び平成17年(2005年)に改修された。また、境内には祈雨の行事を行った雨乞いの滝、奥宮本殿の西には船形石と呼ばれる船の形に積んだ石塁がある。和泉式部がお詣りし、不和となっていた夫と願いがかなって復縁した話はよく知られている。