menehune 京都、寺社巡り。

ブログ運営者のmenehuneが訪れ撮影した、京都の寺社を5つのエリアで掲載。

伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)


スポンサードリンク

f:id:sepyas:20210105163614j:plain

f:id:sepyas:20210105163618j:plain

f:id:sepyas:20210105163530j:plain

f:id:sepyas:20210105163536j:plain

f:id:sepyas:20210105163540j:plain

f:id:sepyas:20210105163609j:plain

f:id:sepyas:20210105163604j:plain

f:id:sepyas:20210105163545j:plain

f:id:sepyas:20210105163549j:plain

伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)は、京都市伏見区深草にある神社。稲荷大神が稲荷山に鎮座したのは和銅4年(711年)2月初午(はつうま)の日とされ、全国各地に祀られている稲荷神社の総本宮。同社は古来「衣食住の大祖にして、万民農楽の神霊なり」と篤く信仰されており、中世から近世にかけては商売繁盛・家内安全の神としてご神徳も広く伝播されている。

本殿(重要文化財)は明応8年(1499年)に再興し、権殿のほか摂末社重要文化財。稲荷山の神蹟を巡拝する〈お山巡り〉は約4キロ、参道に建立された数千本の鳥居は壮観。2月初午の日はご鎮座ゆかりの日として古来より、民衆が群参する。4月20日に近い日曜日(神幸祭)から5月3日(還幸祭)は「稲荷祭」。平安時代に始まり同社最大の祭典。5基の神輿が、南区西九条のお旅所に渡御し、還幸祭に京都駅周辺~松原通まで拡がる氏子区域を巡幸して還御する。この神輿は全国でも優美華麗で、且つ重いものとして知られる。11月8日は「火焚祭」で、秋の収穫のあと、春に迎えた穀霊を再び山に送る神事。十数万本の火焚串を火床で焚き上げ、神恩に奉謝すると共に家内安全・罪障消滅などを祈願する。