menehune 京都、寺社巡り。

ブログ運営者のmenehuneが訪れ撮影した、京都の寺社を5つのエリアで掲載。

鹿苑寺(ろくおんじ)金閣寺


スポンサードリンク

 

鹿苑寺(金閣寺)

鹿苑寺(金閣寺)
鹿苑寺(金閣寺)

鹿苑寺(金閣寺)

鹿苑寺(金閣寺)
鹿苑寺(金閣寺)

鹿苑寺(金閣寺)

鹿苑寺(金閣寺)

鹿苑寺(ろくおんじ)は、鎌倉時代に造られた貴族の別荘を、足利義満が応永4年(1397年)に譲り受け粋を尽くした別邸北山殿に造り替え、さらに義満の死後応永29年に、夢窓疎石を開山とする禅寺とされたことに始まります。

その後衰退しましたが、江戸時代に金閣及び庭園の修理がなされました。

庭園は、衣笠山を借景に、既存の池にさまざまの名石を据え、池に向かって三層の豪華な舎利殿金閣建て、山上に展望所を建てています。金閣は、屋根をこけら葺きとし、第二・三層に金箔を押すという、北山文化の象徴となる華麗な建築で、義満の権威と王朝への憧れが示されています。なお、金閣は昭和25年(1950年)に火災により焼失しましたが、昭和30年に復元的に再建されました。