menehune 京都、寺社巡り。

ブログ運営者のmenehuneが訪れ撮影した、京都の寺社を5つのエリアで掲載。

鷺森神社(さぎもりじんじゃ)


スポンサードリンク

f:id:sepyas:20210107091637j:plain

f:id:sepyas:20210107091645j:plain

f:id:sepyas:20210107091654j:plain

f:id:sepyas:20210107092613j:plain

f:id:sepyas:20210107091650j:plain

f:id:sepyas:20210107091625j:plain

f:id:sepyas:20210107091641j:plain

鷺森神社(さぎもりじんじゃ)は、貞観年間(859年~877年)創建と伝えられ、もと修学院離宮地にあったのを元禄年間(1688年~1704年)に現在地に遷座スサノオノミコトを祀り、修学院、山端地区の産土神(うぶすながみ)である。また境内には触れると夫婦和合や良縁が授かるという「八重垣」の石がある。5月5日の「さんよれ祭」は少年達が着物姿に紅たすき、菅笠姿で手には扇子を持ち「さんよれ、さんよれ」のかけ声で鉦、太鼓で神輿とともにねり歩く。巡行コースは赤山禅院発→氏子町→鷺森神社着。参道は紅葉の美しさでも知られている。