menehune 京都、寺社巡り。

ブログ運営者のmenehuneが訪れ撮影した、京都の寺社を5つのエリアで掲載。

真正極楽寺(しんしょうごくらくじ)


スポンサードリンク

f:id:sepyas:20210201172330j:plain

f:id:sepyas:20210201172335j:plain

f:id:sepyas:20210201172339j:plain

f:id:sepyas:20210201172344j:plain

f:id:sepyas:20210201172321j:plain

f:id:sepyas:20210201172326j:plain

真正極楽寺(しんしょうごくらくじ)は、永観2年(984年)、戒算上人が延暦寺常行堂に安置された阿弥陀如来像を神楽岡に移し開創。応仁の乱のあと各所を転々、元禄6年(1693年)、現在地に落ち着いた。

広々とした境内には、通称である「真如堂」を指す本堂(重要文化財)や、三重塔、総門、元三大師堂、鐘楼堂(この四棟は府指定文化財)などが建ち並んでいる。

東山を借景にした「涅槃の庭」や和風モダンな「随縁の庭」、秋の紅葉も見事。