menehune 京都、寺社巡り。

ブログ運営者のmenehuneが訪れ撮影した、京都の寺社を5つのエリアで掲載。

二尊院(にそんいん)


スポンサードリンク

f:id:sepyas:20210105102628j:plain

f:id:sepyas:20210105102656j:plain

f:id:sepyas:20210105102652j:plain

f:id:sepyas:20210105102633j:plain

f:id:sepyas:20210105102647j:plain

f:id:sepyas:20210105102637j:plain

f:id:sepyas:20210105102642j:plain

二尊院(にそんいん)は、 小倉山と号し、天台宗山門派延暦寺)に属する。承和8年(841年)、慈覚大師が創立した華台寺の旧跡と伝えられるが、長く荒れていたのを法然上人の高弟湛空(たんくう)が再興した。

本堂に發遣(ほつけん)釈迦と来迎弥陀の二尊像(重要文化財)をまつるところから二尊院の名が起った。境内は楓樹が多く、本堂の後の山は、百人一首

 

 小倉山 峯のもみじ葉 心あらば

 今一度の 御幸またなん  忠平

 

の歌で名高い小倉山で昔から紅葉の名所として知られている。

また、大堰川開墾者・角倉了以(すみのくら りょうい)や、儒者伊藤仁斎、その子東涯などの墓がある。定家卿が百人一首を撰んだ時雨亭は、この小倉山の山腹にあったともいわれる。境内上部の散策路から、京都市街の眺望が楽しめる。