menehune 京都、寺社巡り。

ブログ運営者のmenehuneが訪れ撮影した、京都の寺社を5つのエリアで掲載。

妙顕寺(みょうけんじ)


スポンサードリンク

妙顕寺(みょうけんじ)

妙顕寺(みょうけんじ)

妙顕寺(みょうけんじ)

妙顕寺(みょうけんじ)は、正しくは四海唱導妙顕寺といい、日蓮宗大本山の一つである。

日蓮聖人の孫弟子にあたる日像上人が、元亨元年(1321年)に、京都における日蓮宗最初の道場として創建したのが当寺の起こりである。

建武元年(1334年)には、後醍醐天皇から法華宗号と勅願寺の綸旨(詔の趣旨)を受け、法華宗最初の勅願寺として、洛中洛外の宗門の第一位に認められた。

しかし、度々の法難と災禍により寺地を転々とし、天正11年(1583年)に秀吉の命により

西洞院二条の旧地から現在地に移された。その後、天明の大火(1788年)で焼失したが、天保5年(1843年)に再建され、今日に至っている。

寺宝として尾形光琳筆の「松竹梅」図三幅などがあり、塔頭の泉妙院には、光琳と陶工として有名な弟乾山の墓がある。