menehune 京都、寺社巡り。

ブログ運営者のmenehuneが訪れ撮影した、京都の寺社を5つのエリアで掲載。

本法寺(ほんぽうじ)


スポンサードリンク

本法寺(ほんぽうじ)

本法寺(ほんぽうじ)

本法寺(ほんぽうじ)

本法寺(ほんぽうじ)

本法寺(ほんぽうじ)

本法寺(ほんぽうじ)は、叡昌山と号し、日蓮宗本山の一つである。永享8年(1436年)本阿弥清信が日親上人を開基に請じて創建したのが当寺の起こりという。

はじめ四条高倉にあったが、天文5年(1536年)法華の乱によって山徒に焼かれ、のちにここに移った。江戸時代には後水尾天皇紀州徳川家の保護を受けて繁栄し、中山法華経寺(千葉県市川市中山にある日蓮宗本山)輪番にあたる上方三山の一つでもあった。

現在の堂宇は江戸時代後期に再建されたものであるが、本阿弥光悦作庭の「巴の庭」は有名である。このほか当寺は本阿弥家の菩薩寺であったことでも名高く、一門の墓もあり、本阿弥光悦は多くの書画・什器をよせている。

寺宝には銭舜挙筆と伝える蓮華図、群介図・中文珠左右寒山拾得画像、長谷川等伯筆の仏大涅槃図など絵画10点と本阿弥光悦筆の法華題目抄など書2点の重要文化財を所蔵している。