menehune 京都、寺社巡り。

ブログ運営者のmenehuneが訪れ撮影した、京都の寺社を5つのエリアで掲載。

水火天満宮(すいかてんまんぐう)


スポンサードリンク

水火天満宮(すいかてんまんぐう)

水火天満宮(すいかてんまんぐう)

水火天満宮(すいかてんまんぐう)

水火天満宮(すいかてんまんぐう)

水火天満宮(すいかてんまんぐう)

水火天満宮(すいかてんまんぐう)

水火天満宮(すいかてんまんぐう)

水火天満宮(すいかてんまんぐう)

水火天満宮(すいかてんまんぐう)

水火天満宮(すいかてんまんぐう)

水火天満宮(すいかてんまんぐう)

水火天満宮(すいかてんまんぐう)

水火天満宮(すいかてんまんぐう)

水火天満宮(すいかてんまんぐう)の祭神は、平安時代の政治家であり、漢詩人・学者としても有名な菅原道真である。由緒書・家系図には、「洛陽一条下り松の霊地に、雨水雷火の難を清除の守護神として菅公を祭る為に、延暦寺の尊意僧生に勅命ありし、日の本最初の天満宮の勧請の最初なり」とある。

都の水害・火災を鎮める為に、第六十代醍醐天皇に命じられた、道真公の師でもあった延暦寺の尊意僧生によって、延長元年(923年)6月25日、「水火の社天満大神」という神号の勅許を醍醐天皇から賜り、水火社天神天満宮として、菅原道真公の神霊を勧請し建立された。

水火天満宮が、「日本最初の天満宮」と号する所以は、このように「天皇の勅命にて神号を賜り、天満宮としたこと」及び「初めて道真公の神霊を勧請したこと」による。

文明4年(1472年)9月10日、第百四代後土御門天皇行幸があり、例祭の日を10月10日(旧9月10日)と改めた。

その後、第二次世界大戦など幾多の変遷を経て、昭和25年(1950年)、堀川通が重要幹線道路となる拡張工事の際、堀川通を挟んだ西側の上天神町から現在の扇町に移転した。