menehune 京都、寺社巡り。

ブログ運営者のmenehuneが訪れ撮影した、京都の寺社を5つのエリアで掲載。

仁和寺(にんなじ)


スポンサードリンク

仁和寺(にんなじ)

仁和寺(にんなじ)

 

仁和寺(にんなじ)

仁和寺(にんなじ)

仁和寺(にんなじ)

仁和寺(にんなじ)

仁和寺(にんなじ)

仁和寺(にんなじ)

仁和寺(にんなじ)

仁和寺(にんなじ)は、仁和4年(888年)に宇多天皇により完成した勅願寺で、また皇子・皇孫が門跡を務めたことから門跡寺院の筆頭として「御室御所」といわれています。

応仁の乱(1467~1477年)により、全伽藍を消失しましたが、寛永18~正保元年(1641~1644年)に再興され、このとき当時御所にあった紫宸殿、常御殿が移築されて、それぞれ金堂と仁和寺御殿(明治20年焼失)に転用されました。また清涼殿の古材を用いて御影堂が造営されたほか、二王門・中門・五重塔などが建てられ、境内の整備が進められました。現在みられる伽藍は、主としてこのときのものです。

金堂は正面7間、側面5間の大規模な建物で、屋根が檜皮葺から本瓦葺へ改められているものの、蔀戸をめぐらせるなど桃山時代の宮殿建築の趣をよく伝えています。