menehune 京都、寺社巡り。

ブログ運営者のmenehuneが訪れ撮影した、京都の寺社を5つのエリアで掲載。

神泉苑(しんせんえん)


スポンサードリンク

神泉苑(しんせんえん)

神泉苑(しんせんえん)

神泉苑(しんせんえん)

神泉苑(しんせんえん)

神泉苑(しんせんえん)

神泉苑(しんせんえん)は、延暦13年(794年)桓武天皇平安京の造営にあたり、大内裏の南の沼沢を開いて設けられた苑池であり、常に清泉が湧き出すことから神泉苑名付けられた。

その境域は、南北4町東西2町という広大なもので、境内には大池と中嶋のほか、乾臨閣や釣殿、滝殿などもあり、歴代の天皇や貴族が、舟遊、観花、賦詩、弓射、相撲などの行事や遊宴を行ったといわれる。

天長元年(824年)春の大旱に、この池畔で東寺の僧空海弘法大師)が、善女竜王を祀って祈雨の法を修して霊験があったと伝えられ、以後当苑では名僧が競って祈雨の修法を行うようになった。また、貞観5年(863年)には、初めて当苑で御霊会が執行されるなど、宗教霊場として利用されるようになった。

現在は、真言宗東寺に属し毎年5月1日から4日間の神泉苑祭には、壬生狂言の流れを汲む神泉苑狂言京都市登録無形民俗文化財)がとり行われる。